【vol.135】さまぁ~ずから学ぶ仕事論

==========

楽読とコーチングで
勇気を呼び覚ます
楽読インストラクター

 

小宮山龍一
勇気づけメルマガ
Vol.135

==========

 

〇〇さん
おはようございます!

 

「牛カツ」というのを
初めて食べてみた

 

楽読とコーチングで
勇気を呼び覚ます
楽読インストラクター
小宮山龍一です

 

美味しかったんですが・・・
メニューの写真と比べて
だい~ぶかわいいサイズで
むむむ~って感じでした汗

 

■昨日は久しぶりに
コーチングの講座に
復習のため参加しました

 

同じことを習ったはずなのに
新鮮な感覚を感じるのは
忘れてるから汗

 

いつまでも真摯に
学び続け磨き続けるって
大事だなと再確認

 

治ちゃん
ありがとうございました‼

 

では
本題いきまーす!

 

−−−−−−−−−−−−−−−

さまぁ~ずから学ぶ仕事論

−−−−−−−−−−−−−−−

 

突然ですが
〇〇さんはお笑い芸人で
好きな人はいますか?

 

僕は結構
さまぁ~ずが好きです

 

さまぁ~ずのふたりの

 

肩の力を抜き
自然体でいて

 

しかし
笑いのポイントは外さない

 

テレビでも「らしさ」を
損なうことなくやっていることが

 

売れ続けている
要因なんじゃないかなと
勝手に分析しています

 

 

この二人
テレビの仕事だけでも十分なのに

 

どんなに仕事が忙しくても
続けていることがあるそうです

 

その二人がある雑誌で
インタビューを受けていて
初めて知ったのですが

 

〇〇さんは
何だと思いますか?

 

それは

 

【コントをしっかりと作って
ライブ活動をすること】

 

だそうです

 



 

「テレビに出るのと
コントをやるのとでは
頭の使い方が全く
違うなと感じます

 

テレビで要求されるのは
ある種の瞬発力だし

 

対応することで
生み出される笑い

 

ライブは練りに練った上で
出すというか・・・

 

まあ、その作業が
苦手なんだけど笑

 

それでもやっておかないと
いけないでしょって思うんです」
(三村)

 

「ゼロから作って、という感覚は
ライブだけだからね」
(大竹)

 



 

単純に考えて
テレビの仕事だけでも
十分食べていけるのだから
ライブをやめたらラクなはず

 

ではなぜ
やめないかというと

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

ネタを作って舞台に出て
お客さんを笑わせる

 

それが本来の仕事だと
思っているから

△△△△△△△△△△△△

 

と彼らが心得ているから

 

ここ
すごい大事だと思うんです

 

うまくいっているときって
調子に乗ったり
楽な方に流れやすいのに

 

自分の原点を忘れずに
自分を磨き続けている

 

目先のことに惑わされずに
本当に大切なものを
大切にできている

 

そこでふと
思うわけです

 

じゃあ
自分が磨くべきものは
何だろうかと

 

本当に大切にすべきことを
大切にできているのかと

 

できているかどうか
分からないけど

 

こういう問いを常に
もつことが大事なのだろうなと
感じた記事でした

 

〇〇さんは
どう感じましたか?

 

〇〇さんにとって
今日のお話が何か少しでも
気づきのあるものだったら嬉しいです

 

またメールします!

 

勇気と感謝あふれる土曜日を

 

*************

メルマガを最後まで読んで下さり
本当にありがとうございました!

 

ぜひぜひ 率直な感想を
聞かせて頂けたらうれしいです!
このメルマガに返信していただければ
大丈夫です!

 

小宮山龍一公式HP
https://ryuichikomiyama.com/

—————————

◆株式会社絶好調◆
http://www.z-no1.jp/
「赤ちゃんからお年寄りまで
たくさんの人の笑顔が溢れる
世の中をつくる」ために

飲食、速読、介護、保育
の4事業を展開中!

一緒に働く仲間も募集中!

————————–

配信解除は下記までお願い致します
今までありがとうございました
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=HSHSEvvdu

 

名刺も新しく作りかえようっと

読むだけで勇気をチャージ!無料メルマガ配信中

できるだけ多くの人に「勇気のスイッチ」を入れていただくため、毎日、メールマガジンにて情報提供させていただいています。

読者さまからは
「こんな考え方があるんだ!」
「なんか勇気が湧いてきた!」
「毎日楽しみにしてます!」
といったご感想をいただいています。

朝の5分で勇気をチャージ!

あなたも日々の生活に、勇気を満たす習慣を取り入れませんか?(ご登録は無料です)