Ryuichi Blog Written by Ryuichi Komiyama

【返金保証付き】本来の可能性を引き出す楽読とは ?【初心者向け楽読(速読)完全ロードマップ】

RAKUDOKU

 楽読 メソッド とは

楽読(速読)を始めようと考えている人「速読力を身につけて今の自分を変えたい、アップデートしたいと思っていて、”楽読”というのを聞いたけど、楽読とは何だろう? 」

こういった疑問に答えます。

本記事のテーマ

【完全初心者向け】 楽読 (速読)とは?

記事の信憑性

記事を書いている僕は、楽読インストラクター歴8年ほどで(2021年10月現在)、これまで3000人以上の受講生さまを担当してきました。
日本新聞社様や、東京理科大オープンカレッジ様などで速読講座を担当させていただきました。
2018年には楽読R-1グランプリ優勝(レッスンの質No.1)もしてます。

読者さんへの前置きメッセージ

本記事では「これから楽読を始めてみたいけど、どんなメソッドかな? 自分にできるか、合っているかわからないので、情報をしっかり知りたいよ」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで、「楽読(速読)の原理やメソッド、効果、具体的な始め方、その後の楽しみ方」までをイメージできるようになると思います。

「このままの人生、嫌だなぁ…。もっと自分の人生を思い切りいきたい」と感じていた僕を救ってくれたのが楽読です。 控えめに言って、楽読で人生が変わった僕が、楽読に感謝の気持ちを込めつつ、記事を執筆します。

それでは、さっそく見ていきましょう。

「楽読とは?」に答える楽読(速読)完全ロードマップ

  • 楽読とは何か?
  • 楽読のコツをマスターする7つのステップの解説
  • 楽読が生まれた経緯
  • 楽読を始める手順
  • 受講のデメリット
  • この記事を読んだ方への特典
  • よくある質問
  • 楽読関係で見ておくべき動画

上記の感じで、通常は有料で行っている入門講座をすべて無料で提供します。
人生において「楽に速く読めるという速読という武器」を手に入れましょう。

なお、楽読には、速読以外にもたくさんの副産物があります。そしてそれこそが、人生を豊かにする上で大切だと感じています。徐々に、コツコツと取り組んでいくことで、少しずつ人生が変えていくのが良いと思います。

楽読とは

楽読(Rakudoku)とは、楽しく楽に読書速度を上げるまったく新しいカタチの速読です。あなたが「速読」からイメージする堅苦しさや難しさは一切ないと思います。正直、誰でもできる速読です。

 楽読 メソッド とは

この写真はレッスンの1コマですが、みなさん楽しそうにレッスンを受けてくださっています。受講生さん同士が楽しく会話しながらトレーニングすることで、脳が活性化します。ここが他の速読スクールとの大きな違いですね。

脳が活性化することにより

  • 読書速度が2~7倍に速くなる
  • 速く読みながら内容が頭に残るようになる
  • 仕事の効率も高まり残業が減る
  • 資格試験に合格しやすくなる
  • 集中力、記憶力がアップする
  • コミュニケーション力が高まる
  • ゴチャゴチャした頭の中をリセットできる

などの効果を感じられる受講生さまが多いです。

楽読とは何かを理解する7つのステップ

楽読メソッドとは
いよいよ、ここからが本題です。

楽読のコツをマスターする7つのステップ

1. 速読の原理
2. 読むという行為の性質
3. 速く見える
4. 見る幅が広がる
5. 速く分かる
6. 勘が働く
7. 同時並行処理

速読の原理

ここが最初ですが、最重要パートです。
この原理をしっかり抑えた上で、トレーニングを進めていくことで、効果が変わってきます。

読むを2つに分解すると、「見る+分かる」です。

 楽読とは

たとえば、アラビア語を見ても、文字は見れますが、理解できませんよね。それは読めたとは言えません。
文字を見て、理解できたら、初めて「読めた」ことになります。

そして、文字を見るのは「目」です。そしり、理解するのは「脳」です。

目のトレーニングをして「速く見る」、脳トレして速く見たものを「速く理解する」。
速く見て、速く理解できれば、速く読めることになります。

ですので、楽読トレーニングでは「読む」ということはあまりしません。その代わりに、「目」と「脳」のトレーニングをしていきます。そうすると、結果的に読むのが速くなっています。

 楽読 メソッド とは

目のトレーニングをするので、文章を読んでも目が疲れにくくなったとか、視力が回復した、メガネが要らなくなったという方もいます。

また、脳トレをしますので、記憶力、集中力、事務処理能力などが上がったという方もいます。

速読って、特殊な才能がある人しかできないのでは??

見える目と、理解できる脳があれば、誰でもできます。普段あまり使っていない脳の領域を使う、使っていない回路を繋げていくということをしていきます。

2、読むという行為の性質

楽読メソッド

「読む」という行為は、無意識の行為

たとえば、本を読むときに、「これくらいの速さで読もう」とか「ページをめくろう」とか、あまり意識してやっていないですよね。おそらく「何となく」やっていると思います。つまり、「読む」という行為は歯磨きと同じように、ほぼ無意識にやっている行為なんです。

ということは、「読む速さを速くする」ということは、「自分の無意識にやっていることを変える」ということになります。

無意識の行為を変えていくので、どういうことが起きるかというと、

「アレ!?こんな簡単なトレーニングしかやっていないのに、文字数が伸びている(速く読めている)。なんでなんだろう??」

ということが起きてきます。

無意識が変わっているけれども、その変わった無意識に意識が気づいていないから、そういう現象が起きるわけですね。

楽読は、みんなで楽しくトレーニングをしてながら、脳にさまざまな負荷をかけることで、無意識を変えていき、気がついたら速く読めるようになっていた、そういうことをやっていくトレーニングです。

なので、「がんばろう」とか意識しなくても大丈夫です。トレーニングを楽しく続けていただければ、自然と速く読めるようになっていますので。

無意識を変えるための、速読習得の4つのポイント

1.速く見える
2.見る幅が広がる
3.速く分かる
4.次に何が来るか勘が働く

です。この4つができるようにトレーニングをしていきます。

ではこれから、この4つの原理についてお話ししていきます。

3、速く見える


ここでのポイントは「高速に自分を慣れさせる」ことです。
ここで利用するのが、「脳の可塑性(かそせい)」という性質です。

可塑性とは、わかりやすく言えば、環境適応力と言ってもいいでしょう。脳は、周りの環境に柔軟に対応します。

たとえば、車で高速道路に乗ったとき、最初はスピードが速く感じますが、すぐに慣れますよね。

そして一般道に降りるときにはゆっくり感じてしまう。これがまさに、脳がその環境に順応したということです。そしてそれは、無意識に勝手に反応してしまいます。

楽読

この「勝手に反応してしまう」という特性を活かして、高速状態に身をおくことで、意識して頑張ろうとしなくても、勝手に脳が反応するので、楽にトレーニング効果をあげられるようにしていきます。

具体的には、楽読では、3倍速の英語の速聴をかけながらレッスンを行ったり、高速で本をパラパラめくったりして、高速状態に脳を慣らしていきます。これをやっていくことで、今までの自分の読む速さがゆっくり感じるようになります。

ちなみに、本をパラパラめくることで動体視力が高まって、バッティングセンターで160km/hの球が打てるようになったりします

見る速さが高まってくると、それに関連する能力も連動して向上してきます。これは脳の汎化(はんか)作用と言われているのですが、見る速さは自分でコントロールしやすいですよね。理解力を高めようと思っても、何をしたらいいかわかりづらいですが。

なのでまずは自分がコントロールしやすい「見る速さ」を高めることで、「理解力」や「記憶力」などを高めていくのです。

4.見る幅が広がる

読むときにスピードが落ちてしまう最大の原因は?

それはある無意識が働くからです。それは
「ちゃんと読まなければいけない」
「ちゃんと理解しなければいけない」
という無意識です。

この無意識が働くことによって、一言一句読もうとして視野が狭くなり、音読してしまったりして、スピードが落ちてしまうのです。

しかし人間は、ある程度広い幅でも意味は理解できます。

たとえばお店に入って、メニューが壁にズラーっと書いてある。そのメニューを一個一個読まなくても、何となく何があるか分かりますよね。

 楽読 メソッド

人はある程度、広い幅でも理解できるのに、こと本になると「ちゃんと理解しなければ」という無意識が働きすぎてしまって、視野がギュッと狭くなり、ゆっくりになってしまうのです。

「ちゃんとしなければならない」という無意識を手放すために大事なのが、「何となくわかる」という感覚です。そのために、本を読むのではなく、本をパラパラと速くめくることで、「ちゃんと理解しよう」ではなく「何となく分かる」という感覚を養っていきます。

もう一つ大事なことは、「視野の広さは心の広さに影響する」ということです。

仕事でパソコンをずっと見ていると、視野が狭くなり、イライラしたり、ストレスを抱えたりしやすくなります。しかし自然の中に行って、大空を見上げると、人はなかなか悩めないものです。視野が広くなると、精神的にも楽になり、心にゆとりが持てるようになります。

楽読メソッドとは

ストレスを抱えた状態で本を読むのか、心によとりを持って本を読むのか。どのような心の状態で本を読むかによって理解度は変わってきます。

さらに、読書に限らず、いい感情、いい気持ちでいることが、いい出来事やいい出会いを引き寄せます。

ですので、ぜひいい感情、いい気持ちでいるためにも、視野を広く持ち「何となく」という感覚を養ってみてください。

5.速く分かる

「分かる」とは「記憶との照合」です。

人は見たもの聞いたものを頭の中に情報としてしまっています。喩えていうなら、頭の中に引き出しがあって、そこに情報をしまっている感じです。そして、何かをみたときに、その情報を探してきて、称号できたら「わかった」になります。これが記憶との照合です。

楽読とは

この出してくる速さが早い人もいれば、遅い人もいる。
これが理解の速さの違いです。

思い出す速さを速くするトレーニングを行っていきます。具体的には、すでに内容を知っている本を早い速度でめくっていって、見えた文字から場面を思い出す、ということをやっていきます。そうすることで、思い出す回路がつながったり、太くなってきて「速く分かる」ようになっていきます。

ご自身の好きな本で、とレーニンしてみてください。その際は、同じ本を使って繰り返し、繰り返し、トレーニングすることをお勧めします。野球の素振りのように、同じことを繰り返すことで、思い出すフォームが出来上がってきますので。

6.勘が働く

道を歩いていて、先に何があるかわかれば、どんどん先に進んでいけますよね。逆に、先に何があるかわからないという状態では、進むペースも遅くなります。

これは読書も同じです。「次にこれが書いてあるかな」と勘が働けば、先に進んで行きやすくなります。

勘が働くようにするためには、右脳を活性化していくことであるけれども、現代社会では左脳を使うことがメインになっていて、右脳があまり使われていないといわれています。

楽読メソッドとは

右脳を活性化するには、「わかろう」とするのではなく「感じること」に意識を向けることです。色ペンを使ってみたり、絵を書いてみたりするのもいいと思います

ただ、右脳だけをトレーニングしているわけではなく、全部の脳(全脳)を活性化させていき、バランスの取れた状態にしていくことが大事です。ここでお勧めしたいのが、本を眺めながら、いろんなことをしていく「同時並行処理」であり、楽読では一番人気のあるレッスンメニューです。

7. 同時並行処理

脳全体を活性化させるためにオススメの方法があります。
それは下記の4つのことを同時に行うことです。

  • 文字を見ながら(読むのではなく、見るだけ)
  • 周辺視野を意識しながら
  • 3倍速の英語を聴きながら
  • 会話をする

日常、こういう状況ってないですよね。
これをすることで、普段使わない脳の領域が刺激されて、錆びついた脳の回路が繋がってきます。

同時に4つのことを行うのは、最初はなかなか難しいですけれども、やってみるととても楽しいですよ。

以上が7つのステップになります。

7つのステップの動画講義つくりました

速読の原理を動画にて徹底解説しました。文字情報よりも頭に入りやすいかと思いますので、基本的には動画を推奨します。聞き流しでも理解できると思います。

» 7つのステップが詰まった楽読体験レッスン日程&お申込みはコチラ

間話休題 ー 楽読が生まれた経緯ー

楽読で速読の効果が得られますが、楽読のレッスンではリターントゥヒューマン、つまり「人が本来あるべき姿へ還る環境提供」をしています。これは楽読のミッション です。ここが「まったく新しい」という要素です。

(ここに関しては、速読を習得する上では知らなくても大丈夫なところなので、速読にしか興味がない方は読み飛ばしていただいて大丈夫です)

ではなぜ、速読と「人が本来あるべき姿へ還る環境提供」とが結びついたのでしょう?

これを語るために、楽読の創始者である平井ナナエさんが、どうしてこの楽読というものに行きついたのかをお話させてください。

平井ナナエ  – Nanae Hirai –プロフィール

1969年、大阪生まれ。楽しく楽に読める速く読める速読法「楽読」の創始者。

18歳で結婚し、3人の娘を授かり、23歳で離婚。母子家庭の母として3人の娘を育てるため営業の世界へ入る。営業の世界で奇跡的な成功を収めるも、33歳で突然クビに。2005年 株式会社リターントゥヒューマンとして、大阪に速読スクールを創業する。一時は借金2000万まで業績が落ち込むも、あることがきっかけで驚異的に経営が好転。現在、1店舗からはじめたスクールは全国50店舗に。更に海を越えて、韓国ソウルにもスクールを開校。200名の楽読インストラクターを誕生させる。

更にリターントゥヒューマンスクールを北海道、東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄、韓国で展開。現在は楽読CEOとして楽読を広げる活動に従事する傍ら、全国各地でも自身の体験を交えた講演活動を行っている。また、フリースクール「楽校(らっこう)」を2016年6月6日にオープンさせ、子供達に自分らしく安心して学べる環境を提供。

3人の娘と4人の孫、4つの会社、1つの社団法人を運営するスーパーウーマン。

ナナエさんが20~30代の時、競争社会の中で、学歴があっても、経験年数が長くても、自分に自信がないことで結果を出せず、笑顔を失い、仕事を辞めていく人たちを目の当たりにしました。一方でナナエさん自身は、大学出てなくても、経験無くても、売り上げをバンバン出していたのです。

この違いは何?と考えると「できる」と思ってる人はできる、「できない」と思っている人はできない、ただそれだけの違いだけ。

だから、ナナエさんは、
「どうすればみんな自分に自信がもてるのだろう?」
「誰でもやればできる、と実感できる方法はないか?」
と探していました。

そんな折、ある方の紹介でたまたま速読に出逢いました。受講してみて、本が苦手だったのに楽に簡単に活字を処理できるようになっていることに気づきます。

そして、努力せずに読書速度が上がることに驚き、「やればできる」ことが数字で証明されることそんな自分を褒め続け、まわりにも褒められ続けたら、「できる」ことが勝手に体に浸透していくことを発見したのです。

そして、もっと驚いたのは時間にゆとりが生まれるようになっていたことです。時間に追われてイライラしていたのに、時間に追われなくなってイライラしなくなった自分に気づいたそうです。これがナナエさんとって大きな成果でした。

みなさんも感じたことがありませんか?

時間にゆとりが無いときは、イライラしたり、思いやりがなくなって、人に当たったり、ケンカしたり…。時間にゆとりがあるときは、のんびりゆったり、優しくなれて、自分にも人にも優しくなる…

実際の受講生さんの体験を基にストーリー仕立てにした動画です

では、なぜ速読で時間のゆとりが生まれるのでしょう?

それは「右脳」を使うようになるからです。右脳は物事のイメージや構想を全体でとらえることが得意なのです。全体図が見えているので、ある時間内にたくさんの情報を処理できるわけです。

一方で左脳は「部分」とか「順番」で作業していくのが得意なので、両方をうまく使えれば仕事や家事の効率は大きく上がります。

ナナエさんはこのことに気づいて楽しく楽に速読できるプログラムを作ったのですが、その中でさらに「思わぬ発見」をしたのです。

速読は、読まずに「見る」ことが重要なのですが、ある時、ナナエさんは思わず文字を読んでしまいそうになり、読まないようにするために、つい隣の人に話しかけてしまったのだそうです笑。すると、隣にいる友人が 自分自身のことを話し出したのです。

この方は日ごろ口数も少なく、積極的に自分のことを話す人ではない…。なのに、こんなに自分のことを話している…。

そして、話しながら本当の自分を知っていく姿を見たのです。

まさにリターントゥヒューマン(人が本来あるべき姿)を見たのです。この感動がメソッドになりました。

  • 人が自分自身に自信をもつことで人生が変わる
  • 人が自分の声に気づいて、自分の価値観で生きられる社会
  • 自分のことを表現できる社会
  • 人が人のことを応援できる社会
  • 人が自分と違う人のことを許容できる社会

楽読はそこへつながっています。

» 楽読体験レッスン日程&お申込みはコチラ

楽読を始める3つの手順【簡単です】

体験レッスンを受けて、確認してから始めるパターンと、すぐに本講座の受講をスタートするパターンがあります。

体験レッスンありの場合

1.体験レッスンを予約

2.体験レッスンで効果を感じたら自分にピッタリなコースでご入会
カンタンWeb申込

3.自分専用のMypageでレッスン予約し受講スタート!

体験レッスンなしの場合

1.この記事を読んだり、動画を見る

2.楽読メソッドがだいたい理解できてたら自分にピッタリなコースでご入会
カンタンWeb申込

3. 自分専用のMypageでレッスン予約し受講スタート!

【返金保証付き】楽読体験レッスン特典

この記事を読まれた方に関しては、通常5,000円(税込)の体験レッスンを40%オフの特別価格3,000円(税込)で提供させていただきます。
なお、体験レッスンに参加して効果を感じない場合は、体験代を全額返金いたします。

お申し込み方法

  • 申込フォームに「ロードマップの記事を見ました」とお書きください。
  • 支払い方法はカード決済をご希望の場合にも「銀行振込」をお選びください。デフォルトで5,000円の決済となっておりますので、3,000円の決済リンクをこちらからお送りさせていただきます

この割引価格は、この記事を読んで速読の原理をある程度理解できた方限定とさせていただきます。まったく知識がない場合、説明を丁寧にするお時間が増えてしまいますので。

特別価格での申込条件

  • 基礎学習(この記事を読んである程度理解できた方)を終えた方限定とします。

» 楽読体験レッスン日程&お申込みはコチラ

楽読受講の目安

楽読レッスンは、1レッスン45分です。
これを20〜30回繰り返すことで、今の読書速度の2〜7倍になります。

  • 月8コマコース→約3ヶ月
  • 月4コマコース→約6ヶ月
  • 月2コマコース→約1年

という感じだと思います。(もちろん個人によってバラつきがあります)

受講のデメリット

  • 毎月の月謝がかかるので、ある程度の出費は念頭においてください。
  • 慣れないことをしますので、受講し初めの頃は「これで本当に効果を感じられるの?」とモヤモヤ期を経験することもあります。
  • レッスンが待ち遠しくなり、レッスンがない日は寂しくなることもあります。

よくある質問:Twitterからも無料で募集します


ここからはよくある質問のまとめです。

無料で楽読についての質問に答えます。

楽読メソッドはマジで人生を変えるツールなので、色々な人に挑戦して欲しいと思っています。とはいえ、何かを始めるときって、疑問や悩みが多いはずなので、Twitterから質問を受け付けつつ、記事で回答します。お気軽にどうぞ。
» りゅういち@楽読インストラクター (@ryuichi519) | Twitter

質問

速読は一度習得したら、その後ずっと使えますか? それとも、レッスンを受けなくなったら衰えたりしますか?

回答

速読は自転車に乗ることと似ています。一度できるようになれば身体が覚えるので、もし少しやらない期間があったとしても、すぐに感覚を思い出すと思います。

ただ、レッスンを継続することでいい状態を保つことができるので、速読習得後も定期的に通っている受講生様も多いです。


質問

楽読のトレーニングで、英語リーディング力も、理解力と速度共に伸びる気がするのですが、いかがでしょうか?

回答

はい、おっしゃる通りです。文字を見て理解するという原理は、どの言語でも変わりませんので、日本語だけでなく英語でも効果が出ます。実際に、そのような効果を実感される受講生さまもいらっしゃいます。


質問

レッスンで使用する速聴はなぜ英語なのですか? 日本語ではいけないのですか? 

回答

レッスンでは脳を高速に慣らしていくためにを3倍速の英語を聴きながら行います。なぜ英語を使っているのかというと、日本語と英語で周波数が違い、脳の使う部分が異なってくるため、普段使わないところを使えると考えられるためです。


出典:http://beepopenglish.com/


質問はTwitterから受け付けますので、お気軽にどうぞ。
» りゅういち@楽読インストラクター (@ryuichi519) | Twitter

最後に、自分の価値観

僕は2013年1月に楽読インストラクターになって以来、3000人以上の受講生さんを担当させていただき、2018年4月には楽読R-1グランプリを受賞させていただいてます。(「レッスンの質が日本一」という称号をいただきました)

もともとは塾講師を18年間やっていましたが、楽読にであって自分の可能性に気づいたり、「自分の本当にしたいこと」が見えてきて人生が多く変わったので、速読だけではない楽読の魅力をもっと多くの方に知ってもらいたいと思って活動してます。

「一人では限界がある。たくさんの人との関わりが生まれれば生まれるほど自分が磨かれたり、強みや役割が見えてくる。だからこそ、仲間と繋がっていこう」

僕はそう感じていますし、こんな考え方に共感していただける方に、参加していただきたいと思っています。

「楽読ちょっと興味あるかも」と思ったあなた。今、行動して、人生を変える一歩を踏み出しませんか?
 楽読を通して、自分に自信が持てて、鏡の前で笑顔になれる人生を送りましょう。

» 楽読体験レッスン日程&お申込みはコチラ

どうしても、一歩踏み出せないあなたへ

ここまで読んでくださったあなたに特別なお知らせがあります!

「本当に楽読に行って少しでも解決できるだろうか?」

そんなふうに思ってしまう気持ちもわかります。なのでまずは自分でやってみるものいいと思います。

ご自分でやる際に使える、トレーニング内容をもう少し詳しく解説した「楽読ガイドブック~楽に読めるようになる9ステップ~」をプレゼントしますので、下記フォーム資料請求を行ってください(無料)。


»「楽読ガイドブック~楽に読めるようになる9ステップ~」資料請求(無料)はコチラ

また、毎朝メルマガを配信しておりますので、こちらを読んでもらうこともおすすめです。
»りゅういちメルマガ登録はコチラ

おまけ ー 楽読とは何かを理解する上で見るべき動画ー

【速読の効果】本が速く読める以上の嬉しい効果とは⁈意外と知らない速読の本当の話!

楽読創始者・ナナちゃんと旦那さんのヨンソさんの夫婦漫才のような軽快なトーク。面白くてあっという間に見てしまいます。

【成功者が密かに行っている】究極の速読法『楽読』について徹底解説

炎の講演家、鴨頭嘉人さんはもともと楽読インストラクターだったんですよ。僕もインストラクター養成時代にお世話になりました。

楽読の魅力 株式会社絶好調 吉田将紀さん

関東に楽読スクールがひろがっていく最初のきっかけをつくった吉田社長。僕も2013年7月から2017年3月まで絶好調社員としてたくさん学ばせていただきました。今も新宿スクールを絶好調から業務委託で任せていただくという形で、お世話になってます。

楽読の魅力 楽読インストラクター 中村成博さん

元マクドナルドの伝説の店長さんでもある中村さんは、人生育成のスペシャリストです。僕が楽読を始めたのも中村さんに憧れたからというのが大きかったです。

» 楽読体験レッスン日程&お申込みはコチラ